fc2ブログ

スキルベースド組織への転換

2023年12月18日 19:19

2023年は、スキルベース組織への転換、タレントデベロップメント部門がそれに果たす役割の重要性が多く語られた年でした。その重要性は、ますます増し、組織のアジャイルな対応に応えるために、人材開発や組織開発部門の担当者、プロフェッショナルに求められるスキルも大きく変わってくるでしょう。

スキルベースド組織が重要な5つのポイント

1. 迅速な変化への適応性:技術の進化や市場の変動など、ビジネス環境は急速に変化している今、スキルベースド組織は、組織全体が特定の業務やプロジェクトに必要なスキルに集中できるため、変化に対して迅速な適応性を持つことができる。
2. 効果的なリソースの最適活用:従来の組織では、機能別に人々が配置され、一部の人材はスキルを持っているにも関わらず、他の機能で必要なスキルが不足しているという状況が生じやすかったが、スキルベースド組織では、必要なスキルに基づいて人材を配置できるため、リソースの最適な活用が可能となる。
3. 柔軟性と効率性の向上:スキルベースド組織は、プロジェクトや業務に必要なスキルを持つ専門家を即座に組み合わせることができる。これにより、柔軟で効率的なチーム構築が可能となり、プロジェクトの成功に向けた迅速で効果的な対応が可能となる。
4. 従業員のモチベーションと成長:スキルベースド組織では、従業員が自身のスキルを伸ばし、専門性を発揮できる環境の整備が必須。従業員が自分のスキルを最大限に活かせる状況が整うことで、モチベーションが向上し、組織全体の成長に寄与することが期待されている。
5. 競争力の維持と強化: 技術や市場の進化に追随するためには、組織が最新のスキルを持つことが不可欠。スキルベースド組織の構築は、常に新しい知識や技術を取り入れ、競争力を維持・強化する土台を築くことになる。

以上がスキルベースド組織の推進が急務として求められている理由ですが、上記のいずれにおいても人材開発、タレントマネジメントを行う部門は、今まで以上のリーダーシップを発揮し、スキルの見極めや定義をファシリテーションしながら、組織変革していく力が求められます。人材開発・タレントマネジメントに関わる人材は、自分たち自身のアップスキル、リスキルを率先して行う必要がありそうです。

文責 中原孝子
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/293-ceb304a8
    この記事へのトラックバック