FC2ブログ

T+D Magazine最新号トピック 人間とAIの相互学習

2021年02月08日 13:46

Alex Moore

相互学習を推進する企業が、人工知能から最も多くの結果を享受


MIT Sloan Management Reviewの新しいレポートによると、組織の半数以上が人工知能を事業運営にパイロット運用していますが、人工知能を使用して大きな経済的利益を生み出しているのは10社の内1社未満です。 AIで結果を出す組織とそうでない組織の違いは何でしょうか?「組織学習によるAIの影響の拡大」という研究は、人間とAIの相互学習が鍵であることを示唆しています。


人間とAIの相互学習の機会を作った研究者の4分の3は、かなりの経済的利益を創出しました。他のベストプラクティスを使用するものの、相互学習を導入しない企業と比較して、約2倍の利益を上げました。


人間とAIのインタラクティブな学習はどのようなものでしょうか?報告書によると、「人間と機械の長所と短所を活用するために複数の教育と学習の方法を組み合わせ」、フィードバックと相互作用を使用して「相手の論理と推論を理解」できます。


たとえば、マネージャはAIの推奨事項を吟味し、ビジネスユニットの戦略や運用から新しい洞察を得る必要があります。また、AIの解に対して人間のフィードバックを入力し、そこからさらなる提案ができるはずです。


人材開発専門家がフィードバック・ループを促進するための重要なステップは、ビジネス・リーダに学習を競争上の優位と認知してもらい、従業員に学習が生きる上で欠かせないと認識してもらうことです。レポートは、「AIを使用した学習は、組織構造、プロセス、および行動に重大な、時には不快な変化を伴う」とアドバイスしています。これは、学習文化の構築をナビゲートする際、非常に役立ちます。さらに、強力な学習文化は、データから生まれる洞察や新しいテクノロジーの責任ある使用など、AIとの対話に必要な主要な知識とスキルに関する正式なトレーニングの効果をサポートします。


https://www.td.org/magazines/td-magazine/humans-and-machines-ought-to-learn-together
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/228-3f4cb1db
    この記事へのトラックバック