FC2ブログ

CPLPハイライト

2020年12月17日 12:56

例題1)データ回収のテクニックとしてインタビュを使うことの強みとなるのはどれですか。
A. Interviewers can receive additional information in the form of nonverbal messages. Interviewees'
behaviors—their gestures, eye contact, and general reactions to questions—are additional data or cues for the next questions.
B. This method is unobtrusive.
C. This method gives observers an idea of a typical workday and provides a realistic view of the
situation.
D. Interviews provide direct data on the organization's actual work.
【解答】 Aが正解です。 1つのトピックに関して入念に回答者の反応を引き出すから。


例題2)2つの対照的な概念を示す言葉の間の測定値を尋ねるツールはどれですか。回答者は、線上にある点に丸をつけることで頻度や度合いを示すことができます。
A. Likert scale
B. Semantic differential
C. Alternative choice
D. Completion
【解答】 B。2つの対照となる概念をランクづけするのに使用するから。

例題3)従業員の効果や効率を図るのはどれですか。
A. Performance audit
B. Competency modeling
C. Interviews
D. Observation
【解答】 正解は、A。実際のパフォーマンスデータとパフォーマンス基準を比較することにより従業員の効率や効果を図るため。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/224-e664e12d
    この記事へのトラックバック