FC2ブログ

CPLPハイライト

2020年08月07日 15:37

例題1)営業売り上げをあげるための営業研修の開発をすることが決まりました。設計者はまず何からとりかかりますか。
A. Locate historical documentation.
B. Perform a needs analysis.
C. Confirm the budget and timeframe.
D. Identify representatives with top sales.

【解答】 Bが正解です。研修を行う組織のニーズを知る、ニーズ分析から実施します。

例題2)パフォーマンス・マネジメントの原理はどれですか。
A. Lesson plans are an integral component of most instructional design projects with a sequential set of events that lead to a desired performance goal.
B. Training may not be the appropriate solution, and a needs analysis should be conducted to ensure that the performance gap can be remedied by training.
C. Selection of an appropriate instructional design method depends on types of trade-offs between
design and delivery of instruction to achieve the performance goal.
D. Bloom's taxonomy defines six behavioral levels and specifically defines the desired performance
goal.
【解答】 B。研修だけが現場での測定できるパフォーマンス変化に寄与するわけではないから。

例題3)学習目標が条件、パフォーマンス、基準から成り立つことを主張したのは誰ですか。
A. Malcolm Knowles
B. Robert Gagne
C. Benjamin Bloom
D. Robert Mager

【解答】 正解は、D。測定できる目標は、学習者だけでなく、設計者も教材を作成する指針となると説いた。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/213-716be1fb
    この記事へのトラックバック