FC2ブログ

CPLPハイライト

2020年05月26日 14:07

例題1)時間と出席を追跡する新しいシステムを使い始める準備のため、あなたは、そのシステム導入の研修プログラムを開発することになりました。従業員全員が参加します。多くの部署にカスタマイズした研修を作りましたが、次のどの要素を考慮しますか。
A. Culture and modes of learning
B. Bloom’s taxonomy and cognitivism
C. Pedagogy and motivation
D. Business drivers and Maslow’s hierarchy of needs

【解答】 Aが正解です。組織文化とVAKモデルを考慮します。

例題2)組織が縮小化を図り、レイオフを実施しました。その後に初めて行う研修の最初に学習者のマインドセット、レッスンの期待、直近のニーズを尋ねました。これは、どのコンセプトに基づくものですか。
A. The learning brain model and sympathetic deliberations
B. Cognitivism and behaviorism
C. External and environmental influences and Maslow of hierarchy of needs
D. Divergent thinking and active listening

【解答】 C。ストレス、会社の状況や見通しは、External and environmental influenceであり、学習者の学習に影響するから。Maslowにおいては、上位のニーズは、下位のニーズを満たして初めて訴求できると考えられるから。

例題3)ビデオを使用した研修において、5つのパーツを正しい順序に並び変えてモデルを作る内容にしました。インストラクションをテキストで示したのは、次のことを考慮したからです。
A. Learner’s attention span
B. Learner motivation
C. Learning culture
D. Learner’s intake style

【解答】 正解は、D。人の学習の好み、VAKモデルのため。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/206-59e65fcd
    この記事へのトラックバック