FC2ブログ

2) T+D Magazine「テクノロジではなく、人から始まるデジタル・トランフォメーション」

2019年11月02日 19:27

「テクノロジではなく、人から始まるデジタル・トランスフォメーション」

Stephanie Castellano

2019 ATD BEST Award Winner, 第2位、モントリオール銀行(BMO)

将来のためのスキル習得は、BMOとその従業員が長期的にレジリエンスを高めるために必須

これからの10年間、金融業界は、従業員の人口統計の変化、従来のビジネス・モデルの破壊、および急速な技術シフトの波を乗り越えていくために、想定外の機会とチャレンジに直面することは明白です。

BMO Financial GroupのCLOであるGina Jeneroux氏は、「時代を先取りするために、人間と機械のパートナーシップを構築し、エンゲージメントを促しながら、学び、成長、創造性、革新を促進する文化を醸成してタレントを大胆に育成する必要がある」と提言します。

学びと忠誠心

従業員がBMOに就職する最大の理由は、キャリアアップであり、留まる理由の1つでもあります。従業員調査によると、会社の正式・非公式の学習機会の意図的な組み合わせが、このキャリア重視に大きく影響することを示唆しています。オートメーションとカスタマのニーズのシフトによる変化の激しい業界で生き抜くために必要なスキルを提供します。

スキルアップと再教育が、BMOの重要な優先事項です。今年、人材開発チームはBMO Forwardと呼ぶブレンド学習プログラムを開始しました。これは、従業員が人工知能(AI)、ロボット工学、データサイエンス、サイバーセキュリティ、デジタルの洞察力など、デジタルの未来に必要な技術スキルを構築する支援をします。このプログラムには、彼らが構築するテクノロジから人々を区別する共感、レジリエンス、判断力、文化的知性などの「人間スキル」も含まれており、個人、チーム、顧客間の強いつながりを確立しています。

BMO Forwardの目標は、すべての従業員のパフォーマンスを引き上げ、専門家が競争に勝つことを助け、リーダが新しいコンテキストでグループをけん引するように装備することです。

「BMOはテクノロジ企業ではありませんが、テクノロジ企業のように考え、働く必要がある」とJeneroux氏は言います。デジタル・トランスフォーメーションに関しては、BMOは長期的に考えています。 「デジタル、データ、およびAIテクノロジは重要なアクセラレータです。仕事のやり方を変え、より直感的でシームレスな顧客体験を実現するためには、適切なスキルを持つ人材の獲得が必要です。」

パイロット・プログラムの事前および事後評価では、仕事とコンテンツが関連するという認識、学習したスキルを適用するコミットメント、トピックについて学習し続ける好奇心、およびその分野で将来の仕事を追求することへの関心に前向きな変化が見られました。

学習を完了した後、従業員は、インフォーマルなラーニング・コミュニティで学習を続け、積極的に意見を共有します。

学習文化の構築

2018年6月、人材開発チームはBMO Uを立ち上げました。これは、新しいモバイル、どこでも、いつでもアクセスできる学習プラットフォームであり、すぐに学習サービスへの参加が増加しました。 1年後、BMOの従業員の半数以上がプラットフォームを活用しています。

BMO Uは、ポッドキャスト、記事、ビデオ、電子書籍、さまざまなオンライン・コースなど、一口サイズの高品質コンテンツを提供します。同社は、従業員がさまざまなリソースと精選された学習を好むと報告しています。すべてのリソースについて、人材開発チームが完了推測時間を掲げ、従業員はそれを目安に忙しい合間をぬって学習を完了します。

ソーシャル・ラーニングの要素はデジタル・プラットフォームに組み込まれているため、アクセス増に貢献します。従業員は他のユーザをフォロし、学習を追跡し、個人のニュースフィードをカスタマイズできます。特定の学習トピックに関する従業員グループのエンゲージメントが一番高い結果を示しました。各事業部門の主要なユーザが、グループを率います。関連するベストプラクティスと洞察を共有し、質問に答え、非公式のブレインストーミング・セッションを開催します。

グループに参加していない人よりも、ソーシャル・ラーニングに従事する人が、より積極的に学習することを明らかになりました。 6,000名の従業員が登録したダイバシティとインクルージョンは最も人気を博しました。ビッグデータは1,000名以上、カスタマーエクスペリエンスは、1,000名、データの理解と提示は、950名、データソリューションは、900名が受講しました。

「BMO Uは、明日のキャリアのために、個人の情熱を追求し、今日の仕事を学ぶためのあらゆる方法を提供する」とJeneroux氏は述べています。 「そして、成功するために必要な学習に関する敏捷性を身につけることに役立ちます。」

従業員と学習体験をつなぐ

過去1年間、人材開発チームはスキルを適用する新しい方法に取り組んでいます。 #HelpWantedと呼ばれる、マネージャが助けを必要とするチャレンジ、短期プロジェクトやスキルに合った課題にボランティア案件を投稿できるバーチャルな求人掲示板です。人材開発チームは、各プロジェクトをプログラム目標に合わせます。プロジェクトの参加者は、自分の視点を共有し、それがプログラムの戦略と方向性に影響します。来年、対象を10,000人の従業員に広げるために大規模なテストを行っています。

「このプログラムは、新しいプロジェクト、新しい優先順位、新たなビジネスニーズのためのチームを簡単かつ機敏に形成できるため、リーダにとって素晴らしいプログラムです」とJeneroux氏は言います。 「従業員にとっても素晴らしいことです。なぜなら、新しいスキルを体得し、ネットワークを構築し、職域を超えたチームで働き、既存の仕事を正式に辞めずに社内のギグワーカーとしての経験を積むことができるからです。」

<原典:https://www.td.org/magazines/td-magazine/digital-transformation-starts-with-people>
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/195-33714b9e
    この記事へのトラックバック