FC2ブログ

CPLPハイライト:

2018年11月25日 20:17

例題1)フロント・エンド分析を必要と最もしないのはどれですか。

A. Employees’ ethical behavior is in question.

B. Employees are exhibiting low motivation.

C. A new organization is being planned.

D. A new and proven technology is being adopted.



【解答】 A が正解です。フロント・エンド分析後にパフォーマンス・マネジメントの解決策に含まれるため。



例題2) カスタマー・サービスの担当者が電話口でお客様対応をしているとき、必要な情報を確認していません。コーチング・セッションでは、確認事項をあげ、ロールプレイもこなしていました。どの解決策が適切でしょうか。

A. Incentives/consequences
B. Job aids
C. Refresher training
D. Performance support system



【解答】 Aが正解です。インセンティブや結果として、金銭的もしくは非金銭的、形のある・なしの報償、認知、プロモーション、罰を含むからです。



例題3)組織の新しいビジョンに関わるカルチャーの変化を促進することをシニアスタッフから求められました。これまでマネジメント層は、新しい動きに積極的に受け止めたが、過去5つの取り組みは1年ともつことはありませんでした。本当のカルチャーを培うためのチェンジマネジメントとしてなにが重要でしょうか。

  A. Visible support from the CEO early in the process

B. Periodic reviews and adjustments to support systems

C. Increased communication from senior management

D. A spectacular kickoff meeting



【解答】 正解は、B。求められる結果と前の状況に対して進捗とシステムをレビュすることは、変化をもたらすから。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/171-09e57855
    この記事へのトラックバック