FC2ブログ

CPLPハイライト:

2018年10月23日 21:04

例題1)チェンジ・マネジメント・プロセスにおいて、ステークホルダーは新しいプロセスやプログラムを導入するに当たり、資産や負債ともなります。解決に向かうためのバイ・インを彼から得るためにTDプロフェッショナルが避けるべきことはどれですか。
A. Getting people involved
B. Helping people feel that they are part of the solution
C. Mandating participation to ensure organization-wide participation
D. Positioning the solution in relation to the business context

【解答】 C が正解です。バイ・インの強制は適切な行為ではないため。

例題2) チェンジ・マネジメントをする場合、例えば合併など、TDプロフェッショナルはなぜ組織の明文化されていない価値、インターアクションの方法や伝統を明示しなければならないのでしょうか。
A. These factors are used in an affinity diagram
B. These factors are components of an organization's culture.
C. These factors help to describe the solution
D. These factors are components of a population analysis

【解答】 Bが正解です。明文化されていない価値、インターアクションの方法や伝統が文化をなすから。

例題3) 次のどの理由によりパフォーマンス・マネジメントでは、ネットワーキングとパートナーシップ構築が重要ですか。
   A. To use professional resources when expertise is needed
B. To enhance problem solving by discussing challenging questions
C. To get accurate information before investing time and money in a certain direction
D. All of the above

【解答】 正解は、D。A, B, Cどれもネットワーキングやパートナーシップを構築するのに重要な例だから。
*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/168-bed3d2a9
    この記事へのトラックバック