FC2ブログ

学びの環境を作るL&Dの視点:Self-Directed Learningとマネージャの役割

2018年01月05日 10:16

新年のJim Kirkpatrick氏のメッセージ“L&D’s Unmodified Future: Better Sharpen Your Resume”の中で、氏は、明確に「フォーマルトレーニング(組織として提供する、インストラクターやファシリテーターによって主導される研修や対話型ワークセッション、e-ラーニングコースなど)は、Level3(行動変容)やその延長上にある組織インパクトとしてのLevel4などパフォーマンスの向上に寄与することはほとんどない」と述べ、それを踏まえた上でのLearning & Development部門に必要となるアプローチを提言していました。仕事を通じたExperienceからの学び環境を作ることが大きな使命となっている今、テクノロジーは避けることができないL&Dの要素になってきています。また、日常の業務を通じての学びに大きな役割を果たすのが、マネージャ。“Minds At Work – Managing for Success In The Knowledge Economy”の著者 David Grebow とStephen J. Gillは、その本の中で、“An Employee’s manager is an essential partner in the learning process”と言っています。

成人学習者理論で有名なMalcom Knowlesは、“Self-Directed Learning:A Guide for Learners and Teachers”の中で、自律型学習を「最も広い意味で、自律的学習は、各個人がイニシアチブをとり、他者の助けを借りる、あるいは自分自身で、自分の学習ニーズの診断、学習目標の策定、学習のための人的および物的資源の特定、適切な学習の戦略と実施の選択し、その学習成果を評価する一連のプロセスである」と定義しています。

この学習のプロセスを支援する環境のキーとなるのがマネージャであり、各個人は、何が「課題=学習ニーズ」であるのかを常に特定できるLearning &Growth mindsetを備えている必要があります。

経営環境を取り巻く変化が激しい現在、「学び=変化に対応できる力」を備えていることが重要と言われて久しいですが、2018年、AI(人工知能)の進化も伴って膨大な情報の処理が可能になってきた今、人材開発部門や組織変革を促さなければならない人事部門にとって必要な新しい考え方やスキルは何になるのでしょうか?少なくとも、事実上あまりパフォーマンスに貢献することのないフォーマルラーニング(研修やe-ラーニングコース)の企画や運営だけでは、有効な機能を果たせなくなるかもしれません。21世紀もそろそろ四半世紀を迎える今、旧来の(20世紀と変わらない)アプローチを変えるマインドセットと知識・スキルが必要そうです。 (文責:中原 孝子)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/147-5bff4584
    この記事へのトラックバック