FC2ブログ

ラーニング・カルチャー:マイクロ・ラーニングは、旧来E-Learningコンテンツの「細切れ」化ではない

2017年10月06日 16:37

日本でもマイクロラーニングを作るためのセミナーなどのタイトル見かけますが、どうもマイクロ・ラーニングに対して、誤解があるように感じられてなりません。マイクロ・ラーニングには、モバイルで配信できることなどによる利便性だけではなく、フォーマル・ラーニングとインフォーマル・ラーニングの中間的位置づけとして、業務パフォーマンスとの連携やソーシャル・ラーニングとの連携による「自律的」な学習経験を創り、パフォーマンス・ニーズに基づいたJust in Time Learningの実現が求められています。

フォーマル・ラーニングとしてのE-Learningライブラリーと同じように、「やったという履歴」を残す事が目的というよりは、業務上の必要に応じた学習と実践、実践経験に対するフィードバックや課題共有からのナレッジの共有やコラボレーティブ・ラーニングを促すためのきっかけという位置づけでしょうか。

組織のラーニング・プロセスの見える化とラーニング・カルチャーを創り、パフォーマンス課題や組織学習のデータの蓄積ができる仕組みが重要となります。自律的学習者が組織の将来価値を高めることは、日本の企業においても同じだと思いますが、単純に「コンテンツ」を揃えるだけでは、「自律的学習者」を支援する仕組みにはなりません。パフォーマンス・コンサルタント、e-learning guildのグルとしても有名ねMarc Rosenbergは、“From Content Creation to Content Curation”の中で、コラボレーティブ・ラーニングとラーニングカルチャーを促すための原則として、

1.テクノロジー:素晴らしいテクノロジーがあっても、コンテンツが悪ければ、悪いコンテンツ(間違った情報)の速やかな普及を促してしまうと心得よ!

2.文化:素晴らしいコンテンツがあったとしても、コラボレーショには程遠い(日本の場合自律学習には程遠い?)組織文化へのコラボレーティブラーニングシステムの導入は、誤解と不信を促し、知識や知恵の共有を失わせて(殺して)しまうと心得よ! 

3.研修とe-learning:貧弱な独自コンテンツ(内製?)を沢山作ることは、「ラーニング環境を整えている」ことにならない。ほとんどの場合、時間と金の無駄遣いになると心得よ!


と言っています。

マイクロ・ラーニングは、通常の研修コースや、一連のラーニング・コースをつくる以上にパフォーマンス分析に基づいたインストラクショナルデザインが必要です。また、どのように「ラーニング・カルチャー」を定着させていくのかの戦略的なアプローチも必要でしょう。まだまだフォーマル・ラーニングが中心で、受動的な学習者が多い日本では特に強化すべき点ではないでしょうか。

E-Learningライブラリーやマイクロ・ラーニングと呼ばれるコンテンツのライブラリーを導入することで、自律的学習の環境が整えている、研修の代替えになる、と考えることは、組織のラーニング戦略としては、マイナスになり得ることも考え、統合的なアプローチの一環として、テクノロジー・ベースのラーニング導入を検討すべきではないでしょうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokonakahara.blog51.fc2.com/tb.php/138-fcfeeb2c
    この記事へのトラックバック