FC2ブログ

CPLPハイライト

2021年01月17日 17:38

例題1)( ) に入る適語を選択しなさい。データ回収の定量的方法は(   )となる。
A. Valid data
B. Soft data
C. Hard data
D. Extant data

【解答】 Cが正解です。 頻度、割合、比率や時間で表示されてもハード・データは客観的で測定可能だから。

例題2)適語を選択しなさい。 ( )以外は、ニーズ・アセスメントの結果で表される。
A. Determining the current state
B. Determining the future state
C. Evaluating results and learner feedback
D. Determining the performance gap

【解答】 C。Cは、ニーズアセスメントではなく、研修後に回収されるものだから。

例題3)納期に遅れる従業員のためにタイム・マネジメントの研修が必要となりました。研修マネージャは、研修を開発するより、ニーズに関するデータを回収して課題を解決することにしました。短期間でデータを回収し、アイデア出しに時間をかけることにしました。どのデータ回収方法がいいでしょうか。
A. Interview
B. Focus group
C. Observation
D. Individual informal discussion

【解答】 正解は、B。Bは短時間ですみ、アイデアをシェアすることが可能だから。
スポンサーサイト