FC2ブログ

CPLPハイライト

2019年06月18日 20:12

例題1)あなたは、小企業のファシリテータ業務についています。新しいサービス立ち上げの際、個人のエピソードを導入してセッションをリードしました。ストーリーテリング手法を使って、何を達成しようとしていますか。
A. Teach the audience what they have to do next
B. Capture the attention of the audience
C. Build credibility
D. Tell the audience that the new service will be difficult to launch
E. B and C
F. B and D

【解答】 Eが正解です。ストーリーテリング手法におより、注意を喚起し、信用を得て、信頼関係を作ろうとしているため。

例題2)製造業の組み立て現場でプロセス・レベル・ギャップ分析をしています。手順が手順書を反映していないことがわかり、作業員が組み立て作業の研修を受けていないことも判明しました。これらの問題は以下の回答と関連していますか。
A. Inputs
B. Process controls
C. Outputs
D. Resources

【解答】 Bが正解です。スペック、教育、作業員の経験は、プロセスのための開発されるものだから。

例題3)グループ・ダイナミックスを理解することが実務家にとって重要なのは、なぜか。
A. There is complexity in human interactions, and some of it is predictable.
B. Processes within groups may affect the outcome of a solution.
C. Personality traits influence group interaction and behaviors.
D. All of the above.

【解答】 正解は、D。グループ・ダイナミックスを理解することが重要だから。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト