FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPLP ハイライト

2018年07月27日 16:46

例題1)ATDプロフェッショナルがルート・コーズ分析をした後、パフォーマンス・マネジメントにおいて次にくるのは、 

A. Performance analysis.

B. Performance improvement solution analysis.

C. Performance improvement solution selection.

D. Solution implementation.



【解答】 C が正解です。ルート・コーズ分析とは、解決策を選択するために必要な情報を提供するため。



例題2) パフォーマンス・マネジメント・ソリューションは6つのカテゴリに分類されます。ワークフローに焦点があるのは、どれですか。

A. Improving knowledge and skills.

B. Improving structure and process.

C. Improving motives.

D. Improving information.



【解答】 Bが正解です。ストラクチャーやプロセスのカテゴリがワークフローを扱うため。



例題3)次のどのパフォーマンス・マネジメント・ソリューションのカテゴリが、ニューズレターやノレッジ・マネジメントを扱いますか。

   A. Improving knowledge and skills.

   B. Improving structure and process.

   C. Improving motives.

D. Improving information

.

【解答】 正解は、D。 情報の改善は、効果的な配信、マネジメント、情報のストーレジについて扱うため。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。