CPLPハイライト

2017年09月13日 16:51

例題1) パフォーマンス・マネジメントの専門家がマネージャーとコーチングについて話し合っています。コーチングをするに当たってのヒントを出してもらうことにしました。マネージャーの上司で有る、あなたがこの場合とるべき態度はどれですか。

A -Confront the workers, and tell them to start working again now that they’ve paused to relieve some stress.
B -Provide information and direction.
C -Ask questions, and explore their emotions and feelings.
D -Neutralize their anger, and allow the individuals to tell you their concerns.

【解答】 B が正解です。情報と方向性が明らかになることによって将来への不安がなくなり優先事項がわかるため。

例題2) あるマネージャーはいつも新しい問題を抱え、長期計画を立てられません。そのマネージャーにシステム思考を応用する必要があると伝えたいとする場合、どのような根拠を挙げますか。

A -It will help identify the most appropriate training solutions needed to fix the problems.
B -It will help identify the employees who are best at resolving crises.
C -It will allow the management team to uncover the root causes contributing to the problems and consider the effect of any implemented changes.
D -The organization will not thrive without long-range planning.

【解答】 正解はC。システム思考は、組織の一部を変更することによって、他の部署にも影響が及ぶことを示し、小さな変更による影響を理解し、大きな問題が生じることを防ぐため。

例題3)以下の説明文のうち、パフォーマンス分析を一番正確に定義しているのはどれですか。

A -It is the process of identifying constraints on the performance improvement initiative.
B -It is the process of identifying business goals.
C -It is the process of identifying the organization's performance requirements and comparing them with actual performance.
D -It is the process of gaining an understanding of external influences on the organization.

 【解答】 正解は、C。 パフォーマンス分析は組織の実際のパフォーマンスと理想のギャップを測ることであるため。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト