CPLPハイライト

2017年04月24日 11:47

CPLP(Certified Professional in Learning and Performance)とは、ATDが発行・認証している資格の名称です。取得には、知識試験と実技試験(規定に従ったワークプロダクトの提出)をクリアする必要があります。CPLPを取得することにより、組織・人材開発プロフェッショナルに求められる基礎能力を有していることが客観的に証明されます。欧米企業の組織・人材開発部門や、コンサルタントの間では一般的となっている資格です。 https://www.td.org/Certification
ここでは、CPLPの知識試験エリアである次の10のモジュールに関して、各モジュールのハイライトを、「知識試験で出題される例題」を基にご紹介していきます。
1: パフォーマンスの向上: Performance Improvement
2: インストラクショナルデザイン: Instructional Design
3: 研修の提供: Training Delivery
4: ラーニングテクノロジー: Learning Technologies
5: 測定と評価: Evaluating Learning Impact
6: 研修プログラムのマネジメント: Managing Learning Programs
7: タレントマネジメント: Integrated Talent Management
8: コーチング: Coaching
9: ナレッジマネジメント: Knowledge Management
10: チェンジマネジメント: Change Management

例題1) システム思考(システムシンキング)の考え方は、パフォーマンス向上のために重要です。理由は・・・

A -問題・課題を全体的に見るから
B -小規模かつ段階的なチェンジは組織にとって大きな悪影響を与える可能性があるから
C -大きく変化する可能性がある施策を特定することができるから
D -上記の全て

【解答】 Responses A, B, and C all speak to important factors in performance improvement. System thinking is important because it puts a problem into the context of the larger whole with the objective of finding the most effective place to make an appropriate performance improvement. Therefore, response D is correct.

例題2) 次のモデルのうち、個人が日常的に起こる様々な出来事を扱うために用いられるものはどれでしょうか?

A -Cause and effect analysis
B -Appreciative inquiry
C -Open space technology
D -Ladder of inference

【解答】 Response D is correct because, according to Chris Argyris, people will interpret events differently and thus affect the outcome. 


例題3) 分析的なアプローチや懸念・問題に関するディスカッションから、ビジョンや機会に目を向けポジティビティにフォーカスするアプローチはどれですか?

A -Cause and effect analysis
B -Appreciative inquiry
C -Open space technology
D -Ladder of inference

【解答】 Response B is correct because appreciative inquiry involves the analysis of positive and successful (rather than negative or failing) operations. In essence, it "appreciates" what is there.

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト