CPLPハイライト

2016年04月18日 11:30

CPLP(Certified Professional in Learning and Performance)とは、ATDが発行・認証している資格の名称です。取得には、知識試験と実技試験(規定に従ったワークプロダクトの提出)をクリアする必要があります。CPLPを取得することにより、組織・人材開発プロフェッショナルに求められる基礎能力を有していることが客観的に証明されます。欧米企業の組織・人材開発部門や、コンサルタントの間では一般的となっている資格です。
 https://www.td.org/Certification
ここでは、CPLPの知識試験エリアである次の9つのモジュールに関して、各モジュールのハイライトを、「知識試験で出題される例題」を基にご紹介していきます。
1: 学習のデザイン:Designing Learning
2: 研修の提供:Delivering Training
3: パフォーマンス向上:Improving Human Performance
4: 測定と評価:Measuring and Evaluating
5: チェンジマネジメント:Facilitating Organizational Change
6: 学習機能の管理:Managing the Learning Function
7: コーチング:Coaching
8: ナレッジマネジメント:Managing Organizational Knowledge」
9: キャリアプランニングとタレントマネジメント:Career Planning and Talent Management

例題1) 次のうち、フラットな組織構造における欠点はどれですか。

A -Project and department managers can become involved in power struggles over getting project support and providing that assistance
B -This structure is more complex and, therefore, more expensive to develop and operate than others
C -The interaction between workers is more frequent, so this structure depends more on personal relationships between workers and managers. Therefore, the structure can be more time-consuming to build than a hierarchical model
D -Struggles often arise due to the dichotomy of employees’ alliance to their direct managers vs. the project

【解答】 C -The interaction between workers is more frequent, so this structure depends more on personal relationships between workers and managers. Therefore, the structure can be more time-consuming to build than a hierarchical model

例題2) 次の特徴を含む組織構造は、以下のうちどれでしょうか? 特徴:シンプルかつ理解しやすい組織構造です。マネジメントの権威や仕事上の責任は容易に定義でき、かつ予算やコストのコントロールも容易な組織構造です。

A -Flat
B -Hierarchical
C -Fishnet
D -Matrix

【解答】 B -Hierarchical

例題3) 組織のラーニングカルチャーを生み出す内部要因のうち、ひとつだけ例外があります。次のうち、どれになりますか?
A -a manager is most responsible for employees’ growth and development
B -building partnerships and reaching across organizational boundaries
C -competing for scarce resources
D -resolving conflicts and negotiating in favor of a win-win outcome

【解答】 C -competing for scarce resources

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。
スポンサーサイト