fc2ブログ

生成AI(ジェネレーティブAI)による企業研修の変化

2024年02月18日 14:56

すでに導入済みという企業もある中、生成AIツールの研修や学習施策への導入は急速に進んでおり、確実にその在り方を変えています。それは、研修の効果や配信方法をより盤石にする可能性を秘め、生成AIをうまく活用することも、人材開発や研修を担う企業担当者や専門家に求められつつあります。単純なeラーニングコースや履歴管理のためのLMS導入に加え、企業研修における代表的な生成AIのポテンシャルをまとめてみました。

1)パーソナライズされた学習パスの提示
活用例として、個々の学習者にパーソナライズされた学習パスをあてがう事例があります。学習者のデータを分析することで、特定のニーズ、嗜好、学習スタイルに合わせてコンテンツを調整します。例えば、従業員の役割、スキル、キャリアに基づいて、関連するコースを推奨する機能です。

2)継続的なコンテンツの更新
AIは、教材を継続的に更新することができます。情報の進化に伴い、コンテンツを最新かつ適切なものに保ち、コンテンツが古くなるのを防ぎ、学習者の興味を持続させます。

3)リアルなトレーニング・シミュレーション
ジェネレーティブAIは、非常にリアルなシミュレーションを作成することができ、これらのシミュレーションにより、学習者は安全な環境でシナリオを変えて練習することができます。例えば、パイロット向けのフライトシミュレーターや、医療従事者向けの医療シミュレーションなど、すでに導入されている例ではありますが、非常に作成時間の短縮を可能にします。

4)スキル・ギャップの特定と対処
役職、スキル、パフォーマンスデータ(業績評価)などの従業員データを分析することによって、従業員のスキル・ギャップやトレーニングが必要な分野を特定します。また、その分析に基づいて、ギャップを埋めるための的を絞ったトレーニングプログラムを設計します。

5)インタラクティブでレスポンシブなフィードバック
AIが生成するフィードバックは、従来のアプローチよりもインタラクティブで、文脈を意識したものとなります。学習者はタイムリーなフィードバックを受け、スキルや知識の向上に役立てることができます。

6)仮想メンタリングと個別指導:
生成AIツールは、バーチャルなメンターとして機能する。複雑な概念を支援し、高度なトピックを提案し、さらなる学習の機会を発見することができ、AIを活用したテュータは、適格な個人の知識獲得や新しいスキル習得の支援をできるようになります。

さて、現段階ですでに活用が進んでいるものも含め、ジェネレーティブAIの企業における研修や学習提供への変化を考えてみると、研修における人間の役割が大きく変わってきていることを改めて感じます。ここに人材開発や研修を担当するプロフェッショナルへのリスキル要素がありそうです。
スポンサーサイト



CPLPハイライト

2024年02月06日 18:40


例題1)フリップチャートの強みはどれですか。
A. Good for large groups
B. Good for large rooms
C. Inexpensive
D. Long lasting and durable

【解答】 Cが正解です。


例題2)プレゼンテーションを必ずしも効果的にしないのはどれですか。
A. Flipcharts to create visual aids instantaneously for small groups
B. Slides for presentations that are repeated frequently
C. Whiteboards to prioritize a list
D. High-tech visual aids


【解答】 D. あまりにハイテクのインパクトが大きすぎるとプレゼンが霞んでしまうため。


例題3)トレーナが完了しなければならない研修について手引きをしています。受講者は説明を聞きながら、頷き、ニコニコ笑っています。トレーナがその後、その受講生の手元を見ると演習を一切終えていないことに気づきました。これはコミュニケーションにどのような障壁がある事例でしょうか。
A. Language and speech
B. Environment
C. Psychology
D. Nonverbal behavior


【解答】 D. 上記3つは動機づけの要素となります。

*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。

TD magazine 最新号トピック:ニューロサイエンスからみた創造性

2024年02月06日 18:39

Scott Cochrane
チームや自分にインスピレーション、創造性、革新性を吹き込みましょう

創造性を生むには、ブレインストーミングだけでは十分ではないという経験的証拠が数十年間に渡り蓄積されてきました。では、他に何が一体効果的なのでしょうか?

著者は長年市場シェアを失い続けていたソフトドリンクのブランドを改革するプロジェクトで創造性を開発する機会に恵まれました。傘、ゴムチューブ、コーヒーグラインダ、トースタ、花瓶などいくつかのアイテムを集め、集まったリーダにどれかを選ぶように言いました。議論の結果、彼らはコーヒーグラインダを選択しました。そして、コーヒーグラインダの性質を特定化し、ソフトドリンクのブランディングに応用する作業を進めました。セッションの終わりまでに、グループはこの飲料の新しいメッセージを作成し、マーケティングキャンペーンを成功させ、ここ数年で初めて売上を復活させることに成功しました。

さて、なぜこのアプローチがうまくいったのでしょうか?科学者たちは何十年もの間、成人の脳は情報の宝庫のようなものであり、知識の出し入れを行うことはできるが、脳の構造や設計を変更することはできないと考えてきました。その結果、脳の創造的なプロセスを解明し、ブレーンストーミングに執着してきました。すべての情報を役員室に集め、全員がその内容をテーブルに出すのです。次に、全員がその情報を検討し、最も優れたアイデアが優先順位に並べます。

ブレインストーミングは、質よりも量を生み出すことにはるかに優れており、少数の素晴らしいアイデアではなく大量の凡庸なアイデアを生み出すことが証明されています。意図しない集団思考が強力になり、議論を恒常的なスパイラルに誘導し、独創性や革新性をかき消してしまいます。

誰もが自分自身の中に、より大きな創造性、創意工夫、革新の可能性を秘めています。それを効果的に解き放つ方法を学ぶ必要があるだけです。そうすることで、生産性の最適化、イノベーションのペースの加速、貴重な人材の離職率の削減、コストの削減、利益の増加、収益の増加につなげられます。

創造性への障壁

創造力を発揮するには、創造性を妨げる要素を理解することから始めると効果的です。

柔軟性のなさ 認知の硬直性、つまりさまざまな視点や革新的な解決策を検討できないことは、程度の差こそあれ、誰もが日々悩まされます。皮肉なことに、特定の分野で専門知識を身につけるほど、物事を新しい、異なる視点で見ることが難しくなります。その現象は経験の囚われとして知られています。新しいことを学ぶことを犠牲にして、自分の知っていることに囚われてしまったら、それは脳をもっと柔軟にする必要があるというサインです。

コントロール 支配的な性格を持つ人々は、その勤勉さと積極性により、指導的な地位に昇進できます。決断力があり、目標志向であり、素早い思考を備え、すべて貴重な資質です。残念ながら、リーダはせっかちで批判的であり、他人のアイデアに不信感を持つ場合もあります。これらの特徴をあなたも持っている場合、あなたは気づかないうちに己の創造性を妨げている可能性があります。

恐れ これは、脅威を感じるあらゆる変化に対する当然の反応ですが、恐怖は創造的な衝動を即座に抑制してしまいます。恐怖に対する人間の脳の化学反応は、戦うか逃げるかの二択であり、創造とは程遠いです。

エゴイズム 利己的な行動(自信と混同しないでください)は、通常、自分の価値や能力についての深い不安を覆い隠します。利己的なリーダはすぐに腹を立てます。新しいアイデアの功績が誰に与えられるかに執心します。そして、何か問題が起こったとき、解決策よりも、責任を逃れに躍起となります。新しいものを生み出すことよりも、古い縄張りを守ることに多くのエネルギーを注ぎ、客観的に物事を見ることができません。また、自問することを拒否し、他人に質問されることも嫌います。

組織内で創造性の豊かな人材を効果的に育成するには、人々が利己的な満足よりも生産性を重視する雰囲気を醸成しなければなりません。また、人々が協力し、成功の功績を共有できるシステムも必要です。

創造性を高める方法

脳は物理的な器官であるため、創造的な状態を促進し保護するために、身体的および精神的な両方のいくつかのテクニックを使えます。

否定的で恐ろしい考えの除去 否定的で恐怖の感情は、創造性を醸成するには有害です。創造的なエネルギを効果的に活用するには、その前にそれらを解放する必要があります。瞑想、ヨガ、日記、その他のマインドフルネスのテクニックを通じて、ネガティブな思考やストレスの多い思考を頭から取り除く方法を見つけましょう。

組織的には、リーダが変化にどのようにアプローチするかに大きくかかっています。たとえば、人々はAIテクノロジが自分たちに取ってかわるのではないかという懸念に苛まれています。しかし、コンピュータが人間に取って代わるという懸念は、現代のテクノロジーが始まった頃から存在しており、乗っ取りは起こっていません。 AI により、従業員はより多くの時間を創造的な作業に費やせるようになり、企業は中核事業の管理と新しいアイデアを創出することをよりバランス良く取れるようになります。

ストレスの再構築 言い換えれば、脅威やストレスと感じるものすべてに新しい意味与えます。想像上の未来に対する妄想がストレスを引き起こすことがよくあります。想像力を働かせて将来の状況を有害なものとして想定し、それに否定的な感情を結びつけると、ストレスを感じます。しかし、一連の状況を、新しい扉を開き、何か新しいことを学ぶ潜在的な機会として意識的に捉え直したらどうなるでしょうか?脳はセロトニンをより効率的に生成し、前進するための建設的な思考回路を開きます。

新しいことへの挑戦 コーヒーグラインダを使って創造性を発揮するといった斬新な体験は、創造性を目覚めさせるために不可欠です。新しいスキルを学ぶことは、自分が達成しようとしていることと全く関係がない場合でも、普段使っていない脳の部分を刺激します。

創造する機会に触れる 多くのビジネスリーダはビジネス書の読書にとどまりますが、定期的に他の分野に興味を持ち、視野を広げる必要があります。文学、歴史、科学に精通する、美術館に足を運ぶ、文化的なイベントに参加、他の人の創造性を消費する機会を心に与えてください。そうすることで、新しいニューロンの接続が形成され、これまで互いに分離されていた思考やアイデアを心が関連付け、創造性のレベルが高まります。

創造的な関係を醸成 コラボレーションは、創造性を強化する上で強力な要素となります。人々が協力し、共有することを奨励する環境を作りましょう。組織の他の部門の人々をディスカッションに招待することは、ビジネスのさまざまな領域間の境界を取り除き、壁を壊すのに役立ちます。

コラボレーションを促進するもう 1 つの方法は、会社の従来のチームを超えたハイブリッドチームを活用することです。多様な部門の人々、場合によっては異なる会社の人々も参加し、連携して協力すると、個別に作成するよりも優れた成果を上げることができます。

好奇心を持ち続ける 厳格な思考は、不確実な世界における確実性を見出す欲求に根ざしています。曖昧さと不確実性は科学者の好奇心を呼び起こし、研究と発見を促進します。曖昧さを受け入れた時、創造的な可能性が生まれます。知らないことに興味を持つことで、知っていることが広がります。

好奇心旺盛な心にとって、新たな疑問が生まれるだけです。不確実性が不安や不満の感情を呼び起こすのは、まったく自然なことです。ただし、創造性を発揮するのに適切な環境を作りたい場合は、不確実性への耐性を養い、受け入れてください。周囲の人々と協力して創造力を最大限に発揮できるようにしながら、創造力を高めるための脳の内部環境を準備してください。

創造性と脳の化学

人間の脳に出入りする神経伝達物質と呼ばれる化学伝達物質のバランスは、創造性に大きな影響を与えます。研究によると、創造性を最大限に高める最良の方法は、神経伝達物質であるセロトニンとドーパミンを高いレベルに維持することと、神経経済学者のババ・シブ氏がスタンフォード・ビジネス誌で説明しています。

ドーパミンとセロトニンが健全なレベルにあると、興奮、熱意、勇気、希望と可能性に満ちた気分になります。それはまさに創造性を開花させる精神状態です。

一方、恐怖やストレスはコルチゾールなどのホルモンを放出し、創造的なプロセスを阻害します。これらの化学物質は覚醒、より一般的には闘争・逃走反応と呼ばれる神経学的状態を引き起こします。脳がそのような状態にあるとき、脳は安全を求め、リスクを最小限に抑えることに全焦点を当てており、創造性や革新性が損なわれます。

何十年もの間、一般に、左脳は分析的な思考を制御し、右脳はより創造的で総合的な思考をコントロールしていると考えられていました。神経画像技術の最近の進歩により、創造性が脳の両方の領域から生じるという新たな証拠が得られました。したがって、闘争・逃走反応を最小限に抑えながら、セロトニンとドーパミンのレベルを高く保つ健康的な方法を探してください。
創造力を鍛える 3 つの方法

1. 気を散らすものを特定し、最小限に抑えます。気を散らすものに注意を払い、それらを排除します。たとえば、ソーシャルメディアは集中力を失う原因となります。

2. 集中力を高める「儀式」を身に付けます。目を閉じて深呼吸を数回してみてください。気が散漫としていると感じたら、正しいリズムに戻るための儀式を行ってください。

3. 働く場所を変える。設定を定期的に変更すると、集中力と創造性が高まります。屋外や静かな空間など、さまざまな場所で試して、効果的な場所を見つけてみましょう。
https://www.td.org/magazines/td-magazine/the-neuroscience-of-creativity

CPLPハイライト

2023年12月18日 19:22

例題1)”What if”で始まり、学習者が多様な解答をすることの許される質問文はどれですか。
A. Open-ended
B. Closed-ended
C. Hypothetical
D. Socratic

【解答】 Cが正解です。


例題2)ファシリテータは、主に(   )以外、互いに学習者が学び合う技法を使用します。( )に入るのはどれですか。
A. Lecturing
B. Questioning
C. Silence
D. Rephrasing questions and paraphrasing


【解答】 A. Aでは、互いに学習者が学び合いません。


例題3)クラスルームからオンラインプレゼンに移行する際、費用対効果の観点を考慮するとどの調整が必要となりますか。
A. Leverage technology to speed up interactions
B. Schedule less time for interactions
C. Schedule more time for interactions
D. Ask learners if there are any questions


【解答】 C. 学習者の反応が欠けるため、インターアクションを増やす必要があります。


*詳細は、ATDから発売されている「ATD Learning System」を参照ください。

T+D Magazine最新号トピック ドロップフィード方式の学習リテンション

2023年12月18日 19:21

Shannon Tipton

分散学習のメリットとそれを提供するためのテクノロジツール

デロイトのThe Modern Learnerの著者バーシンによれば、従業員の労働時間のうち、専門性の向上と能力開発に費やされるのはわずか 1% であり、集中力を欠く従業員のスキルや知識の強化は難関の極みでしょう。

スキルギャップの拡大を解決するために、L&D はさまざまなアプローチを検討する必要があります。 間隔をあけて提供する繰り返しの学習には、一定の間隔でコンテンツを復習するため、記憶の保持力と応用力が高まります。 Medical Education の”Spaced Education Improvements the Retention of Clinical Knowledge by Medical Student”の研究に裏付けられたこの技法は、学習のエンコーディングプロセスに不可欠であり、情報を効果的に処理する時間を人々に与えます。

学習を分散して行うと、短期間ですべてを詰め込むよりも、情報をよりよく保持できることが、Psychology Bulletin の記事「言語を思い出すタスクの分散実践」で明らかになりました。 基本的に、分散学習とは、学習者が自分のペースで学習時間を最大限に活用できるようにすることです。

しかし、このことは学習エンコードプロセスとどのように結びつくのでしょうか? エンコーディングは、新しい情報を脳が保存できる形式に変換します。

ドリップフィード学習(学習レッスンを小分けにして時間を決めて提供する方法)は、分散学習を強化し、知識の保持と応用の可能性を高めます。人が新しい知識に遭遇すると、脳は繊細な神経接続を形成します。間隔をあけた学習テクニックを使用すると、時間の経過とともにそのつながりを強化できます。

つまり、分散学習は間隔をあけた学習サイエンスであり、ドリップフィードに行うことによって、学習をより効果的にサポートします。

分散学習とドリップフィード学習の相互作用の仕組み

米国の 50 州都を記憶するといった、ドリップフィード学習をサポートするオンラインコースを受講するとしましょう。 すべてのコンテンツに一度にアクセスできるようにするのではなく、ドリップフィード学習アプローチと間隔をあけた学習を組み合わせます。

初日に、最初の 10 の州都をカバーするレッスンがメールで届きます。 それらを学習し、オンラインフリップカードのクイズに答えます。

2 日目、次のレッスンに進む前に、コースでは、記憶を強化するために、前日の内容の復習が送信されます。復習が完了すると、さらに 10 の州都を挙げた次のレッスンにアクセスできます。このパターンが 1 週間続きます。コースが終わるまでに、50 の州都をすべて学習するだけでなく、復習して暗記する機会も得られます。

コンテンツの間隔をあけ、定期的なレビュと組み合わせて、学習者が情報過多にならないようにします。 また、間隔をあけて学習する利点も活用し、脳が情報を処理して統合する時間を確保できるため、記憶保持と理解が向上します。

ドリップフィード学習を分散学習に組み込む

時間の経過とともに管理しやすい配分でコンテンツを配信することで、L&D 専門家は情報を吸収する脳の自然な能力を活用し、学習者の知識を確実に保つことができるようになります。 ドリップフィード学習は、間隔をあけた学習の取り組みを強化します。

絶えず学習内容に触れている
学習者にとっては、本の新しい章を毎週学ぶようなもので、常に最新の情報を得ることができます。

コンテンツ過多の回避
適切に設計されたドリップフィード方式により、複雑なトピックが消化しやすく分割され、学習者は新しいコンテンツを導入する前に少しずつトピックを理解できるようになります。

これまでの学習の強化
新しいレッスンでは、前のレッスンを簡単に要約・参照することで、その内容を強化し、神経接続を強化します。

柔軟性と所有権
ドリップフィード学習により、学習者は自分のペースでコンテンツに取り組むことができます。 次のレッスンに進む前に、過去のレッスンに戻って知識が確実に得られていることを確認できます。

エンゲージメント強化のサポート
コンテンツをドリップフィード形式で受け取ることで、学習者の好奇心とモチベーションを高めることができます。 このプロセスにより、人々は学んでいることをさらに深く掘り下げ、関心を深め、次への期待が高まります。

テクノロジを使用した分散学習方法

テクノロジは、ドリップフィード学習の効果を上げる重要な役割を果たします。 チャットボット、ブログスペース、電子メールレッスンなどのプラットフォームは、ドリップフィード学習を非常に効果的にします。 さらに、Slack や Microsoft Teams などの共同作業スペースにより、より広いコミュニティが支えます。

チャットボット
チャットボットは、クイズ、フラッシュカード、ゲーム、インスタントフィードバックなどで学習者と関わり、学習体験をよりインタラクティブにできます。 さらに、チャットボットはユーザの反応に基づいて、カスタマイズされたパスを通じて学習者をガイドし、学習者の個別のニーズに対応します。 チャットボットはユーザ入力に応じたフィードバックも提供できるため、学習者は間違いをすぐに理解して修正できます。 学習者が特定の概念に苦戦している場合、チャットボットはその場のリソースや説明もサポートできます。

使用例: 新入社員のオンボーディング
米国の大企業は、多様な企業文化を紹介するためにチャットボットを使用しています。 同社は米国全体に存在しているため、新入社員は地域の微妙な違いや会社の価値観を理解することが不可欠です。

最初の数週間、チャットボットは、地域の慣行、特定の州の社内イベント、さまざまなオフィス間のコラボレーションを従業員に紹介するメッセージを毎日送信します。 米国内の豊かな文化を理解するために必要な地域のクイズも提供します。 従業員がさらに詳しく学びたい場合は、リソースにアクセスしたり、チャットボット経由で「案内人」に連絡したりできます。

ブログ
ブログは、学習者がいつでも学習を繰り返しできるため、復習と強化が可能です。 コメントで、学習者がトピックについて話し合ったり、質問したり、リソースを共有することによって、コミュニティを育みます。 さらに、マルチメディアも導入できます。 ブログにビデオ、インフォグラフィック、ポッドキャストを組み込み、より興味深いコンテンツを作成できます。

使用例: リーダーシップの開発
ある企業では、リーダーシップスキルの育成に特化したブログを運営します。 毎週、ビジネス リーダや現場のマネージャが、リーダーシップ戦略、チームダイナミクス、感情知能に関する記事を寄稿しています。メンバは記事を読み、自分の考えを共有し、ディスカッションやディベートを展開します。

インタラクティブなスペースはメンバに豊富な知識を提供し、リーダーシップに関するさまざまな視点に触れ、理解を深め、将来に備えることができます。

メール
さまざまなデバイスから電子メールが普及しているということは、学習者がいつでもどこでも、新しいアプリやソフトウェアをインストールすることなくコンテンツにアクセスできることを意味します。 さらに、学習者は都合の良いときにコンテンツを読み、再学習できるため、レッスンを個人のスケジュールに適応できます。 電子メールには、添付ファイルを介してリソースやワークシート、さらに参照資料へのリンクを含めることができ、一層、学習体験を豊かにします。

使用例: 財務以外の職種の財務
財務部門以外の従業員に財務の基本的な理解を身に付けることを目的とした「財務部門以外のための財務」イニシアチブを開始しました。 参加者は、予算編成、財務諸表の理解、資本配分、投資収益率の計算などのトピックをカバーする学習メールを 4 か月間にわたって毎週受け取ります。 各メールには、ユーザーフレンドリなグラフィック、共感できる職場の事例、実用的な見識が含まれています。

毎月の終わりに、参加者は知識を評価するための短いレビュと、学習経験を共有するためのフィードバックを受け取ります。 このようなドリップフィード方式アプローチにより、個人は確実に財務に関わる知識を身につけることができます。

コラボレーションスペース
これは即時のコミュニケーションを促進し、学習者がトピックについて話し合ったり、質問したり、経験をリアルタイムで共有したりすることでコミュニティ学習を促進します。 さらに、学習者はグループプロジェクト、課題、ディスカッションを主催し、役立つ記事、ビデオ、その他のツールを仲間と簡単に共有して、共有リソースライブラリを構築できます。

使用例: 遠隔アクション学習
製品開発プロジェクトに Slack を使用します。 チームは、書面によるシナリオに加えて、プロジェクトの更新情報、デザインのモックアップ、マーケティングの課題などを定期的に受け取ります。 プログラム開発者はさまざまなプロジェクトの課題を設定し、集中的なディスカッションの場を設定します。 チームメンバーはリソースを共有し、問題のトラブルシューティングやソリューションのブレインストーミングをリアルタイムで実行し、計画を作成します。 ファシリテータは、プロジェクト期間中、全員が足並みを揃え、情報を共有できるようにします。

ドリップフィード学習の設計図

ドリップフィード学習を開始するには、次の事項を考慮します。

関係者の協力体制
製品チーム、マーケティング、カスタマー サポートと連携して、包括的な情報と見識を収集します。 これにより、戦略的なビジネス目標との整合性が確保されます。

目的の定義
ドリップフィード学習の主な目的を明確に説明します。

コンテンツの範囲
コンテンツのスコープを決定します。 知っておくべき情報とは何か? たとえば、新製品の発売に向けて営業チームを編成する取り組みの場合、範囲には、製品の機能、メリット、対象ユーザ、潜在的な相反する意見などが含まれます。

コンテンツ配信
電子メール配信やブログを介したドリップフィード学習を成功させるには、コンテンツが学習者の関心を高め共感を呼ぶことを保証する、すぐに使える戦略が必要です。

マイクロストーリーテリング: 長いケーススタディやシナリオの代わりに、いくつかのレッスンにわたって展開されるマイクロストーリーを使用します。
インタラクティブ性: アンケート、クイズ、振り返りプロンプトなどの迅速でインタラクティブ性は、即時のフィードバックを与え、学習者の集中力を維持します。
パーソナライズされた選択肢: 学習者が興味やニーズに基づいてコンテンツを選択できるようにします。 たとえば、レッスン後に2 つまたは 3 つの選択肢を提供します。
コミュニティへの参加: 各コンテンツをドリップフィードした後、ディスカッションや仲間同士の交流を奨励します。 チャットグループを通じて会話を促し、学習者がその日のレッスンについて話し合い、洞察を共有し、質問できます。
ゲーミフィケーション: バッジ、ポイント、リーダーボードなどをドリップフィード全体に組み込むことで、学習者が学習を継続し、新しいコンテンツに取り組む意欲が高まります。
ティーザとプレビュ: 各レッスンの最後に、次のトピックのティーザまたはプレビュを提供して、期待を高め、学習者が次の学習に戻ってくるようにします。
現実世界の応用課題: 一定の段階に到達した学習者に、学んだことを現実世界で応用する課題を与えます。 これにより学習が強化され、ドリップフィードアプローチが実践的になります。
会話形式でドリップフィードフィードコンテンツを配信すると、最も複雑なトピックや退屈なトピックでも、より親しみやすく感じられ、質問、共感するストーリ、事例で学習者を引き込むことができます。

タイムライン
ドリップフィード学習の明確なタイムラインを設定し、開始日、レッスン頻度、プログラム全体の期間を決定します。 頻度と期間を決定するための魔法の公式はありませんが、学習の内容と背景を念頭に置いて、学習の方向性を決めます。

コンテンツをできるだけ短く保つには、まず、すべてのコンテンツが望ましい学習成果と一致していることを確認します。 そうすることで、結果に貢献しない無関係な情報を排除できます。

コンテンツの複雑さも考慮します。 より複雑なトピックは、理解するためにより長い時間を必要とし、学習者が内容を咀嚼して応用できるように、より間隔をあけて配信するのがいい場合があります。 対して、単純なトピックであれば、頻繁に、短い間隔で配信できます。

プラットフォームの制限は、ドリップフィードの取り組みの頻度と期間に影響を与えます。 例えば、電子メールは短いテキストベースのレッスンに適していますが、学習管理システムはブログなどのより長いマルチメディアリッチコンテンツに適しています。

ペースについて学習者から定期的にフィードバックを求めましょう。圧倒されているという反応が多いですか、それとも簡単過ぎるというコメントが散見されますか? コースの進行に合わせて、フィードバックを使って頻度と期間を調整します。

成功させるには、単に興味深く関連性のあるコンテンツを提供するだけでは不十分です。重要なのは、そのコンテンツをどのように配信するかです。L&D の専門家としての使命は、学習者が学習に成功するための準備を整えることです。ドリップフィード学習では、一度に一口サイズのレッスンを提供することができます。

チャットボットによるドリップフィード学習

チャットボットを使用する場合は、十分な情報を提供し、学習者が関与し、受け入れられるようにしてください。 まず、目標を定義します。 教育、情報提供、関与のいずれであっても、明確な目的を持つことがコミュニケーション戦略とメッセージを形成します。

新しいツールやプロセスと同様に、チャットボットの利点と目的を関係者に伝えます。 ユーザが新しいインタラクションモードに適応できるようサポートとリソースを提供します。 例えば、チャットボットと対話する方法について明確な手順を提供し、ユーザがドリップフィードコンテンツを効果的に使用できるようにします。 リソースには、よくある質問、チュートリアル、またはデモが含まれます。

営業トレーニングのためにドリップ学習を開発しているとします。

製品チームと協力して、すべての関連情報を収集します。

情報を一口サイズのレッスンに分割します。 これには、製品の機能、メリット、競合分析、対象ユーザのペルソナ、相反する意見への対応などが含まれます。

営業担当者がチャットボットと対話し、売り込みをシミュレート、相反する意見に対処する実際の販売シナリオを用意します。

チャットボットを構成するときは、その応答を継続的にテストして改良します。 また、最新の情報で常に更新し、目標の進化に応じて新しい質問を処理できるようにしてください。

チャットボットをプログラミングして、毎日または毎週のレッスンを提供します。エンゲージメントを高めるために、コンテンツにインタラクティブ性を持たせ、画像、GIF、または短いビデオを導入することもいいでしょう。

低帯域幅に対応するチャットボットを最適化します。 制限されたデータプランを使用するユーザのデータ使用量に注意してください。 Wi-Fi に接続している場合にのみ、より大きなコンテンツをダウンロードできるオプションを加えます。
インターネットが不安定な地域にいるユーザや旅行中のユーザに、オフラインモードやダウンロード可能なコンテンツを提供します。

チャットボットとユーザのやり取りを追跡して、一般的な落とし所やエスカレーションが発生する領域を特定します。 知識チェックには、提供された情報に対するユーザの理解を評価するための短いクイズや質問が含まれる場合があり、チャットボットの応答が明確かつ効果的であることを確認します。 各レッスンの後、チャットボットはユーザにフィードバックを求めることができるため、コンテンツが的を射ているかどうかを確認し、必要に応じて調整します。

チャットボットのパフォーマンスを継続的に監視し、ユーザの操作やフィードバックに基づいて定期的に更新します。
少人数のユーザー グループでパイロットを実行して、障壁やバグを見つけます。

変更の決定権を誰が持つか、決定します。

製品アップデート、相反する意見が新たに生じた場合は、チャットボットを更新して、新しい教訓や洞察を提供します。
エンゲージメント、クイズのスコア、フィードバックを分析することで、チャットボットの有効性とユーザの満足度を測定します。 また、セッション期間やセッションごとのインタラクション数などの指標を分析して、ユーザが抱えた問題点を特定します。 それらのギャップを埋めるための追加のトレーニングやリソースを導入します。

最後に、チャットボットが理解できない、または誤って解釈する割合を定期的に確認します。 高いエラー率は、チャットボットのトレーニングに改善の余地があることを示しています。

https://www.td.org/magazines/td-magazine/create-drip-feeds-to-revolutionize-learning-retention